2017東京花火大会最新情報!デートするならココ!

2017東京の花火大会デートスポットを紹介しています。付き合う前に花火デートに誘って、好きな子に告白しちゃう?浴衣デートは脈ありかも。東京の花火大会の日程や詳細も掲載しています。花火デートで役立つ情報、浴衣デートお役立ち情報など満載です。浴衣を着たくない子も必見です!

2017東京の花火大会 | 葛飾納涼花火大会は下町情緒あふれるデートが満喫できるよ!

 「この人のためだったら命なんていらない、もう、死んじゃってもいい、そう思う。それが愛ってもんじゃないかい?」

出典第16作「男はつらいよ 葛飾立志篇」

はい!寅さんの名言であります、このセリフ。いいですねぇ~ 昭和の男を感じますね~。そんな下町情緒あふれる「柴又」で開催されるのが、

 

「葛飾納涼花火大会」です!今年で51回目を迎えるこの花火大会は、都内でも近くで見ることのできる大迫力の花火大会としてとても人気があります。

約51万人も訪れるというこの花火大会は、柴又駅から歩いてすぐの江戸川河川敷にある葛飾区柴又野球場にて打ち上げられます。

 

冒頭の寅さんの台詞じゃありませんが、好きな人を誘って告白するにはもってこいのロケーションかなと思うんですが、どうでしょうか?

でも、寅さんを知らない世代だと響かないかなぁ?(笑) あ、でも笑い話くらいのネタにはなるかもしれませんよ! 

デートに誘う方は、是非「男はつらいよ」セリフ集なんかを暗記していくと良いかもしれません。

それでは、詳細をちょっと・・・あ、ちょっとじゃなく全部書いておきます。

 

第51回葛飾納涼花火大会の日程と詳細

日程:2017年7月25日(火)19:20~20:20

打上場所:葛飾区柴又野球場(江戸川河川敷)

打上数:約13,000発

混み具合:約51万人

露店:約10店(観光チャリティー模擬店)

打上場所の地図 ↓ ↓ ↓

葛飾納涼花火大会の見どころは?

f:id:miakichi129:20170708205829j:plain

葛飾納涼花火大会のオープニングは、なんと!ナイアガラの滝!なんです。いきなり大きな花火で幕を開けます。そして、革新と伝統を併せ持つ花火の数々が上がる都内でも屈指の人気の花火大会です。

花火アート「スクリーン花火」の演出があったり、観光大使のPRステージだったり、超進化形の花火「デジタルスターマイン」が上がると思えば、伝統のある江戸時代から伝わる「和火」など、本当に多彩な花火を見ることができます。

一度は見てみてほしい花火大会であることは間違いありません。

葛飾納涼花火大会の花火デートおすすめスポットはココ!

柴又と言えば寅さんで有名ですので、寅さん記念館を推したいところですが、おそらくかなりの確率で女子には不評になりそうなので・・・
(男性には、寅さんはかなり人気があると思うのですが)

それでも!という方は、ここにURLを載せておきますので、見てみてくださいね。

www.katsushika-kanko.com

 

話を戻します。ここは、やはり有名な「帝釈天参道」をオススメいたします。

柴又帝釈天(しばまたたいしゃくてん)は、東京都飾区柴又七丁目にある日蓮宗寺院通称である。正式名称は経栄山 題経寺(きょうえいざん だいきょうじ)である。旧本山は大本山中山法華経寺。親師法縁。なお、「帝釈天」とは本来の意味では仏教の守護神である天部の一つを指すが、地元では、題経寺の略称として用られることも多い。

帝釈天参道は、その名の通り、柴又帝釈天への参道であり、ここが柴又で一番の商店街が連なる場所です。この参道を散策しながら、食べ歩きをするのがおすすめです♡

観光マップもあるので、こちらから見てみてください。←クリック!

f:id:miakichi129:20170708201807j:plain

花火とお食事が両方楽しめちゃう穴場スポット

柴又帝釈天参道にある「川千家」で、コース料理(5,500円~)を予約した人数限定で、屋上から花火を鑑賞できるサービスがあります。屋上には提灯や飲み物が用意されます。かなり人気のサービスなので、ご予約はお早めにね!(^-^)

柴又帝釈天門前 川千家 

花火をなるべく近いところで見たい方の為の穴場スポット

葛飾納涼花火大会は、江戸川の河川敷で行うために、河川敷の周りに見るスポットが沢山あります。しかし51万人という人数が動くとなると、観賞場所は混むことが必須。事前に下調べをしておいて、早めに席取りをしておこう!

まずは下の地図を見てね!

f:id:miakichi129:20170708203128j:plain

花火会場はどこへ見に行くかで、降りる駅や帰りに使う駅を考えておいた方が良いと思うよ。

穴場ポイント1 「取水塔付近」

新葛飾橋の南に位置する金町浄水場の取水塔北側の土手付近は、混雑するものの、会場付近と比べればかなり見やすいポイント。場所に寄っては取水塔が邪魔になってしまうかもしれないので、早めに絶好の場所を見つけて、場所を抑えておくと良い。

 

穴場ポイント2 「メイン会場脇」

メイン会場のすぐ脇にある河川敷は穴場というよりも超大花火の鑑賞ができる絶景ポイントだよ。有料観覧席のすぐ隣に位置するのに、無料なんだ!だからかなり混雑するから、午後には場所取りした方が良いよ!場所取りを一生懸命しても満足になっちゃうくらいの絶景ポイントだよ!

 

穴場ポイント3 「北総線高架下付近河川敷」

ここは、打ち上げ会場からはちょっと離れているために、人も少ないけれど、花火もちょっと小さくなるかな。それでもゆったり見られる場所なので、デートにはぴったりだね!

 

葛飾納涼花火大会の会場へ行くためのアクセス 駅はどこがおすすめ?

会場に一番近いのは地図の① 柴又駅だけど、ここは実は大混雑!避けえた方が無難だよ。

それに比べて、穴場ポイント2,3にも歩いて行けちゃう、地図の③北総線の「新柴又駅」は最も混雑が少ない駅。ちょっと乗り換えが面倒だけど、人であふれかえっている駅よりいいかもしれないね。

それから、地図の②JR常磐線の「金町駅」と、京成線の「京成金町駅」も柴又よりは混んでないよ。ただし、メイン会場まではちょっと距離があるので、歩く時間が少しだけ長いよ。松戸方面や常磐線が使いやすい人にはお勧めの駅だね。

 

葛飾納涼花火大会の花火デートまとめ

1、寅さんを感じて柴又を歩こう! 帝釈天参道の食べ歩きがおすすめ

2、のんびり花火をみたければ、川千家を予約せよ!

3、花火を近くに感じたければ、昼過ぎには場所取りをしよう!

 

古き良き時代を感じつつ、新しい時代の幕開けをテーマにした花火大会を是非見てみてください。大満足な花火デートになること間違いなし!